Author Archives: webauther

合同展示会 SOCALO 出展のご案内



業者様は名刺のみでご入場頂けます。
VOLGA&Co.宛にご商談の旨を受付にてお伝え下さい。

SOCALO TOKYO 8

開催日程:
2019年6月26日(水)〜28日(金)
*ライフスタイルエキスポと同日
6月26日(水)10時〜19時
6月27日(木)10時〜19時
6月28日(金)10時〜16時

開催場所:
TOC有明
東京都江東区有明3丁目5−7 TOC有明 20F WEST

営業日のお知らせ(6月)

今月は立て込んでおりまして、やむなくショールーム公開は
全日程要相談(要事前 連絡)とさせて頂きました。
梅雨が明けた頃、お客様から多く要望を頂きました土日の営業日に
ついても検討できればと思っております。
ご不便をおかけして申し訳ございません。

風と緑の楽都音楽祭2019 北欧とロシアの広場 (金沢)


マトリョーシカ コレクターの砂川小夜さんとのコラボ商品が
「風と緑の音楽祭2019 北欧とロシアの広場」(金沢)でお披露目になります。

イベントでは砂川さん、セミョーシカ、そしてセミョンくんにも会えます!
日本有数のマトリョーシカコレクターとして知られる砂川さんが説明する
マトリョーシカの取り扱い方はとてもわかりやすくVOLGAでもお客様に説明
するときに参考にさせて頂いております。
特に開け方の説明は子供でもわかるほどわかりやすいので、
マトリョーシカとの向き合い方に苦労されている方、
是非ご来場をお薦めします。

※追コメント※
 思えば、砂川さんとの出会いのきっかけはSNSに投稿された店頭写真に
 何気なく映り込んでいたセミョンくん達。セミョーノフ産のマトリョーシカ
 を多く所蔵されてとても大切にされているとのことで、始まった交流が、
 ついに今回のコラボ商品の実現というかたちになり大変嬉しく思います。
 残念ながら弊社VOLGA は神奈川でイベントの成功をお祈りしております。
 VOLGA からはセミョンくん御一行が出張応援で行っております。 

【風と緑の音楽祭2019 北欧とロシアの広場】
5月3日〜5月5日
時間◆10:00~16:00
会場◆金沢駅東もてなしドーム地下イベント広場(石川県金沢市木ノ新保町2)
料金◆入場無料
問い合わせ先◆風と緑の音楽祭実行委員会事務局 Tel.076-232-8118
http://otomekanazawa.jugem.jp/?eid=503

【マトリョーシカ コレクター 砂川小夜さんのブログ】
(セミョンくんやセミョーシカがたくさん登場しております)
https://blogs.yahoo.co.jp/sunnysideinny/41877983.html

連休中のイベントと営業時間

通常、カレンダーの通り土日祝をお休みにしておりますが、
連休中は土日祝に関わらず営業させて頂きます。

期間中の営業時間は12:00〜15:00まで確実に在中しておりますが、
その他の時間の御来店は事前にメールまたは電話にてお問い合わせください。
残業して在中の場合もあれば、不在にしている場合もございます。
(遠方のお客様はご来店予約を承ります)

【連休中のイベント】
連休の期間中、ロシアとその周辺諸国に関する書物・DVDを御来店のお客様に
差し上げます。社内の書棚の整理に伴い、書籍、雑誌、研究書、語学書、いろんな会報誌、などを処分することに致しました。
日頃から作業での一時閉鎖・外出で不在のときに訪ねて頂いたり、慌しい接客しかできないにも関わらず、気にかけて頂きありがとうございます。普段休みの土日祝に営業できる機会に皆様への感謝を示したくこのような機会を設けました。(※追記事項を加えました、ご確認下さい)さらに、先着でお買い上げの皆様に、さらにロシアチョコレート試食も差し上げます。こちらは購入金額1000円以上〜とさせて頂きます(原則1組1つ)。

【追記事項】
申し訳ございませんが、様々なお問い合わせが相次ぎましたため金額の大小に
関わらず当店で何らかのお買い上げを頂いたお客様のみに限らせて頂きます。
1冊以上のお引き取りは様子を見て考えたいと思います、連休後半に御来店を予定されているお客様が心配されておりましたので、お気持ちを考慮することに致しました、ご理解下さい。
書棚が老朽化し大変危険な状態にあり、居場所がなくなった書物を仕方なく手放すことにしたもので急いで処分をしたいというよりは里子を探す心境でおります。個人が所有している程度なので所蔵数はそれほど多くなく、当然数に限りがあることをご理解頂ければと思います。
お越しになったタイミングで良い書物や映像に出会えるお手伝いができれば幸いです。それでは、誤解を招く表現等があったこと重ねてお詫び申し上げます。

※書物は日本語またはロシア語
※DVDは要・海外DVD再生機、またはPCでの再生可能
※年代もジャンルも色々、状態も色々です、あまり期待をされないで下さい
※1組がやっと入れるスペースですので危険防止のため、1組づつ接客致します。外にお椅子が用意されておりますので、そちらでお待ち頂くことがございます。


営業日のお知らせ(4・5月)

[営業日 更新を行いました! 4/7]

・4/4、4/5はスタッフが在中しておりますが 改装のためご入店頂けないため
 休業となっております。また、4/18、4/19は事務所も全て不在になります、
 ご注意ください。

・4月中旬に貨物搬入・搬出のため数日カレンダーの予告にない休業日が入り
 ます(日程未定)。お越しの際は電話かメールでご確認下さい。
 貨物搬入・搬出の整備が終了するまでの間、スタッフは在中しておりますが
 店内は危険なのでご入店はお断りしております。予めご了承下さい。

・4月、5月の連休中(4/27〜5/6)は12:00〜15:00の間で営業致します。
 その他のお時間でお越し希望の場合は予めお問い合わせ下さい。
 (通常 営業時間は10:00〜17:00)

※その他、急な外出・作業中が入る可能性がございますのでお出かけの際は
 ご確認ください。

MONTAGE (第21回) ご来場 御礼

多くのお客様のご来場頂きありがとうございました。
遠方のお客様のご来場も多く頂き大変嬉しく思います。

また展示会の前後、ショールーム 兼 実店舗を閉鎖しましてご迷惑をおかけ致しました。
只今、少しづつ片付けて再開し始めております。
暖かくなりましたら、是非お出かけください。

24h消えない釜の炎、365日稼働する眠らないガラス工場に潜入

※当サイトの画像・文書の無断転用を禁止します

ロシアの古都ウラジーミル。歴史的建造物が出迎える中心街から車で2−3時間行く、
深い森林の中に19世紀からガラス産業に従事する集落が存在する。
そこにひっそりと佇むガラス工場とロウソク工場。
(ここまで奥地に来ると、一部の携帯・インターネットが通じない)

建100年以上経つ工場のメインの建物外部。煙突のような古い建物は昔、工場内に水を引くための設備で今は使われていないにも関わらず圧倒的な存在感。
※1965という数字の通り1965年に建てられたもの。
ガラスを形成する工程、巨大釜の周辺の様子。外気温はマイナス20度越えでも中は半袖で働けるくらい巨大な釜から発する熱が暑い工場内部。釜の炎を絶えさせないように24時間・365日20-30人くらいの男性がガラスを吹く作業に従事している。火を一度消すと釜の巨大さ故に火を再び灯すのに多額の費用がかかるため、何十年も釜の火が消えたことがないという。何十年も前(ということは確実にソ連時代)に灯した火で今も製品が作られ続けていると思うと、感慨深いものがある。
生まれたばかりのガラスは大きなオーブンに入れられて高温から徐々に冷やされてガラスの強度を高める。ここで、温度差に絶えられずに割れてしまう製品も多い。
※外から見たオーブンはこんなに長〜いのです!
オーブンから出たばかりのまだ何になるかわからない製品たち。
上の部分がカットされて、どうやら大きな鉢?!のような製品が出来上がるようです!
この工程でガラスが割れる音が聞こえます。カットの工程を無事通過できるのはわずかな製品だけなのです。
カットされたガラス面を平らにするために表面を1つ1つ人の手で削ります。ここでもガラスが割れる音が聞こえました。マスクやゴーグルで防護せず肉眼で切り口を確認する職人さんの安全が気になります!
細かいガラスの粒子がついた製品は洗い場へ。一つ一つ手作業で洗浄します。
やっと製品の出来上がりです!
ガラス工場 編 (完)
続いて、姉妹工場のロウソクの製造現場へ潜入
ガラス工場のお隣に姉妹のように建てられたロウソク工場。
ガラスとロウソクのコラボレーション製品も…
古めかしい機械が並ぶ。
いろんな型が用意されている、オーダーメイドで型から作ることもあるとか。
型に入れて冷やされる製品。
ロウソクにさらに絵付けをする工程。この辺りはマトリョーシカに通じるものがある。
まさに、ハンドメイドのデパートのような現場。
2019年がイノシシ年だからか、ブタのモチーフが目立つ。
ロウソク工場 編 (完)
最後、ミュージアムに潜入
こちらは工場の別館のミュージアムの作品の一部。
メタル、木とのコラボレーションなど、ガラスの加工で不可能なことはほぼない…のでしょう。
お値段の問題だけ。
極めつけはコチラ!
写真は伝説になった女性名工(名前忘れた)
水差しの中にニワトリのガラスのフィギュアを入れた作品。
コチラが工場の歴代作品の中の最高傑作なのだとか。
なぜ、最高傑作なのかというと、それは…
「どうやってこのニワトリのフィギュアを水差しの中に入れたか、もはや誰にもわからないから」
・・・
確かに、それは最高傑作かもしれない。というかミステリー。
最近、やっとガラス製品の整理・調整を終え、
展示会モンタージュで一部製品のお披露目を致します。
(園芸関係の商材が多いのでテーマにあったものを展示致します)
多くの皆様のお越しをお待ちしております。
http://volga-co.com/2019/02/06/montage201902/

モンタージュは業者様向けの展示会ですが、
展示会を終えた後、VOLGAにも一部製品を展示いたします。
2月はショールーム 兼 実店舗のお休みが多いので営業日はご確認下さい。
http://volga-co.com/2019/01/17/01-40/

(最後、宣伝になってしまいましたが、どうぞ宜しくお願い致します)

※当サイトの画像・文書の無断転用を禁止します

MONTAGE (第21回) 出展のご案内

MONTAGE 21thに出展致します。
多くの皆様のご来場をお待ちしております。

【展示会概要】
ライフスタイルの多種多様な要素を整え、次のトレンドの創造と発信を行う展示会
会場の世界観が統一されているので、イベントやディスプレイに関する相談や、
売場のディレクション等、展示商品の仕入だけに限らず、様々な案件に対しての商談が可能です。

会期: 2019 / 02 / 12 (Tue) – 02 / 14 (Thu)
・2019 / 02 / 12 (Tue) 09:30 – 19:00
・2018 / 02 / 13 (Wed) 09:30 – 19:00
・2018 / 02 / 14 (Thu) 09:30 – 16:00

【会場】 
〒 135-0063 東京都江東区有明 3-5-7 TOC 有明 WEST GOLD 20F

※ご招待状をご持参ください。
(ご招待状をお持ちでない業者様はご入場いただけますが受付にてその旨ご相談ください)